企業経営理論で出てくる似た目的とかメリットを持つもの

企業経営理論で出てくる似た目的とかメリットを持つもの

中小企業診断士の学習を進めていくと、さまざまな目的やメリットを覚えていかないといけません。その中でも類似していて紛らわしいものがあります。具体的には、経営理念・ドメイン・組織成立条件・多角化の必要な理由、目的が似ているのでまとめてみました。

経営理念・ドメイン・組織成立条件・多角化の必要な理由、目的が似ている件

経営理念が必要な理由

経営理念が必要な理由は下記の3つです。個人的な経験から言うと、成長中の企業が途中で経営理念を打ち出すと、既存の社員の中でコミットできない人はキツイことになるので最初に作るべきだと思いつつ、私自身は零細企業であまり深く考えてないのでダメなのかなと思ったり。。

社員のモチベーションを高める

良い経営理念は社員の意欲を向上させて力を引き出せる。

判断基準になる

社員が日常的に行う判断、意思決定のベースとなる

コミュニケーションのベースとして役に立つ

社員が同じ理念を共有することで互いのメッセージの意味が正確に伝わる

ドメインを定義する目的

企業戦略を作成するうえで重要なのはどこで戦うかということ。企業の力を1点に集中させるためにどこで戦うのかを定義するのがドメイン。

意思決定を明確にできる

経営資源を集中できる

組織を一体化できる

逆に言えば、企業の力(資源や社員など)が分散することを避け、企業の力に適したサイズのドメインを設定する必要がある。

組織が成立するために必要な3つの要素

共通の目的

貢献する意欲

コミュニケーション

企業が多角化する理由

まぁ、これは対して似ていないのですが何となく覚えにくく感じたのであげてます。

新しく成長を図る

リスクを分散する

組織スラックを活用する

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク