企業経営理論で出てくる学者さんたち

企業経営理論で出てくる学者さんたち

企業経営理論にはさまざまな学説や研究結果を学んでいかないといけません。いろんな学者さん?たちが出てくるのですが、誰が何を提唱したとか研究したとかが混乱してくるのでこちらにメモしていきます。学習中なので随時、追加予定です。

企業経営理論で出てくる学者さんたち

ポーター(マイケル・E・ポーター)

ポジショニングベース型の戦略論

戦略を作成する際の戦略論の一つで外部要因を重視する戦略論。外部環境を分析して自社のポジションをどこに置くかということ中心に戦略を考えていく考え方。

5フォース(ファイブフォース)(5つの競争要因)

業界の競争要因や外部環境を知り、収益性を測るために活用。その競争環境として以下の5つの要因を提唱

  • 競争企業間の敵対関係
  • 新規参入業者の脅威
  • 代替品・代替サービスの脅威
  • 買い手の交渉力
  • 売り手の交渉力

競争優位を築くための3つの基本戦略

競争優位を築くための基本戦略として3つの基本戦略を提唱

  • コストリーダーシップ戦略
  • 差別化戦略
  • 集中戦略

バリューチェーン

企業の内部活動によって付加価値が生まれる流れを示したもので、企業の活動を5つの主活動と4つの支援活動に分解したもの

  • 主活動:購買物流、製造、出荷物流、販売、サービス
  • 支援活動:全体管理、人事・労務管理、技術開発、調達活動

購買物流と調達活動の違いがわかりにくい。調べてもよくわかりませんでした。原材料が入っている購買物流と製品を出荷する出荷物流ということで、物流つながりで主活動と覚えておくことにします。

バーニー(ジェイ・B・バーニー)

リソースベース型の戦略論

戦略を作成する際の戦略論の一つで企業の内部の資源を重視した考え方。経営資源の質的な差が収益席を決める大きな要因となるという考え方。

VRIO分析

リソースベース型の戦略論で重要とされている経営資源について、どのような経営資源が競争優位につながるかというフレームワークで持続的な競争優位を築くための経営資源の要件として4つの要件が提唱されている。

Value:掲載的価値、Rarity:希少性、Inmitability:模倣困難性、Organization:組織能力 の頭文字。

アンゾフ

アンゾフの成長ベクトル

企業を成長させていこうとする場合に、既存製品か新製品か、既存市場か新市場かという4つのセルにおいてどのような戦略を取るべきかをしめしたもの。

戦略は組織に従う

「組織は戦略に従う」という考え方はチャンドラー

コトラー

競争地位別の戦略

市場の競争位置によってとるべき戦略が変わることを指摘したもの。その競争地位とは、リーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロワー

バーナード

組織が成立するための3つの要素を指摘

組織が成立するためには、共通の目的、貢献する意欲、コミュニケーションが必要だと指摘

組織均衡:組織が成立するための条件

組織が成立するためには、組織のメンバーにとって誘因が貢献以上になっちいる状態が必要と指摘

チャンドラー

組織は戦略に従う

「戦略は組織に従う」という考え方はアンゾフ

テイラー

科学的管理法

1日に行る作業量を「課業」として、これに基づいた「課業管理」をすることを主張。1日の「課業」の設定を時間研究や動作研究によって科学的に分析して効率的な管理をすること

レスリスバーガー

ホーソン実験の中心人物の一人。インフォーマル組織が公式な組織に大きな影響を当たらることを表した。

マズロー

欲求段階説

人間の欲求は生理的欲求、安全の欲求、社会て欲求、自我の欲求、自己実現の欲求の5つの段階になっており、低次元の欲求が満たされると上の欲求を満たそうとする。ただし、自己実現の欲求だけは満たされてもさらに高い欲求が乗じる

マクレガー

X理論・Y理論

人間をX理論、Y理論の2つのモデルがあると提唱し、従業員の知的能力を生かして、より高次元の欲求を満たすためにY理論に基づいた管理が必要だと指摘

  • X理論:人間は生まれつき仕事が嫌いなので命令と統制によって管理が必要という考え
  • Y理論:人間は仕事するのが本性で自分で決めた目的のために進んで働く。マズローの欲求段階説の自我の欲求や自己実現の欲求段階にいる人のこと

ハーズバーグ

動機づけ・衛星理論

不満足要因である衛星要因を改善しても動機づけにはならず、マズローの高次元欲求段階にある欲求を満たす動機づけ要因を改善する必要があると提唱。そのためには、職務充実(ジョブ・エンリッチメント)という方法が必要と提唱。

アージリス

未成熟・成熟理論

人間は未成熟の段階から成熟していく存在。組織は人間の成長を妨げないように職務拡大(ジョブ・エンラージメント)をして従業員を成長させることが櫃ようだと提唱。

デジ

内発的動機付け

チクセントミハイ

フリー心理学

ホワイト

コンピテンス(有能性)概念

ブルーム

期待理論

動機づけは人によって異なる。動機付けは報酬の期待される価値と報酬を得らえる確率の掛け合わせからなる。

マクランドとアドキンソン

達成動機説

達成し成功したいと思う人が持っている動機のこと。このような人は迅速なフィードバックと中ぐらいのリスクを好む

レヴィン

リーダーシップ類型論

リーダーシップのタイプを専制型リーダーシップ、民主型リーダーシップ、放任型リーダーシップに分けて成果がどうなるかを分析。結果的には民主型のリーダーが最も高い成果を上げた。

リカート

システムⅣ理論

リーダーシップを独善的専制型、温情型専制型、相談型、参加型の4つに分類し、参加型が理想であると指摘。

連結ピン

管理者は上位、下位、横のメンバーと連携する要となる連結ピンとしての役目を果たすことが重要だと指摘。

ブレークとムートン

マネジリアル・グリッド

リーダーの関心を人間の関心と業績の関心の2軸でとらえてマトリクス化した結果、人間の監視と業績の関心が共に高いタイプが最も高い業績を上げると指摘

シャートル

オハイオ研究

リーダーの行動は「構造作り」と「配慮」の2つの軸で表せることを提唱。「構造作り」とは組織が成果を上げれるようにすることで「配慮」とは部下に人間的な関心を示すこと。優れたリーダーは双方を高度に行う。

フィードラー

コンティンジェンシー理論

状況によって指示や命令を中心として仕事中心型と人間関係の配慮を中心とした人間関係中心型に分類し、状況によってどちらのタイプが良いかを分析。

リーダーが統制しやすい状況や逆に統制しにくい状況は仕事中心型が高い業績となり、どちらでもないときには人間関係中心型が高い業績となる。

ハウス

パス=ゴール理論

リーダーはメンバーに対して報酬の目標を示してその報酬を得るための経路を明確にすることが必要だと指摘

ブルームの期待リオンに基づいた考え方。

–1-6

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク